親鸞会『音羽の明詮』

先日、親鸞会館で「音羽の明詮」についての話があり、その話を聞くため親鸞会へ行きました。
そのお話の内容というのが次の通りです。

昔、明詮という僧が真剣に仏道修行をやっていたが、三年たっても一向に魂の解決のメドがつかなかったので、「オレは駄目な人間なのかも知れない。無宿善力及ばずといわれる。今はこれまで」と、決心して善知識に永遠のおいとまを願って出た。
師僧は残念に思ったが、余りにも明詮の決意の程が堅いので慰留をあきらめ、それを許した。

しかしさすが永年苦楽を共に修行した師や法友と別れるのはつらかった。明詮は泣きながら寺を出た。
ところがその時、俄かに大雨が降って来たので、止むなく山門の下に腰を下し、雨の晴れるのを待っていた。その時、何気なく山門の屋

根から落ちる雨脚を見ていた明詮は、雨だれの下の石に大きな穴があいているのに気がついた。

こんな堅い石に、どうして、こんな穴があいたのだろう。まぎれもない。それは雨滴の仕業ではないか。このやわらかい水滴が、この堅い石に穴をうがったのか。何という驚くべき事実であろう。
そうだ、自分は二年や三年の修行努力でへこたれて断念したが、この水にも恥ずべき横着者であった。仏法の重さを知らなかった。
後生の一大事を軽くみていたのだ。
たとえ、水のような力のない自分でも、根気よく求めてゆけば必ず魂の解決が出来るに違いない。
と奮然として、その場を立った明詮は、水から受けた大説法を師匠に話し、深く前非をわびて努力精進して、後に音羽の明詮といわれる大徳になったのである。

自分の心をみつめると、とても“強い”とはいえない。
いえ、とても弱いものです。
弱いから「どうせ駄目」と思うか、弱いから「人より頑張ろう」と思うか、ここが大きな分かれ道のような気がします。

こんな私だから、他人よりも多く時間をかけてやってみよう、こんな私だから、他人より繰り返しやっていこう、こう心がけていったら、きっと未来は開けるはず!

そんな風に、こころがちょっと明るくなった私でした。
今で親鸞会で聞いたお話や親鸞聖人の教えについてお話してきたのですが、この親鸞聖人の教えを後々まで伝えたのが蓮如上人であり、そして現在にいたっては親鸞会だということが、今までいろんなお話を親鸞会で聞く上ではっきりと分かりました。

Comments are closed.