親鸞会「3歳v.s.80歳 白楽天の話」

親鸞会で聞いたお話を綴っています。先日の座談会の中で、仏教には、たくさんの善が教えられていることを聞きました。それを「諸善」とか「万行」とか、組み合わせて「諸善万行」というそうです。

お釈迦さまが、たくさんの善を説かれているということは、もちろん知っておけばよいということではなく、実行しなさいと勧められているのだと教えてもらいました。まあ、当然ですよね。なんて、思っていたら、分かっていても実行するのは難しい、と一つのエピソードを教えてもらいました。中国の儒者、詩人としても有名な白楽天と、鳥の巣禅師という人のやりとりです。(親鸞会の人に見せてもらった本から引用させてもらいます)。

昔、中国に、何時も樹の上で坐禅瞑想していた鳥の巣という僧がいた。
ある日、儒者で有名な白楽天がその樹の下を通って、一つ冷やかしてやろうと思った。
「そこの坊さんよ、そんな高い木の上で目をつむっていては、危ないではないか」
鳥の巣すかさず、
「そういう貴殿こそ、危ないぞ」
と切り返した。
この坊主、相当偉い奴かも知れぬと見てとった白楽天は、
「私は名もなき白楽天という儒者だが、貴僧の名を承りたい」
と訊くと、
「私は鳥の巣という名もなき坊主だ」
これが有名な鳥の巣禅師と知った白楽天は、かねてから仏教に関心を持っていたので、「いい処で貴僧に遇った。一体、仏教とは、どんなことを教えているのか、一言でおききしたい」と頭を下げた。
鳥の巣は即座に、
「もろもろの悪を為すことなかれ、謹んで善を修めよ、と教えるのが仏教である」
と答えた。
白楽天、いささか呆れ顔で、
「そんなこと位なら、三歳の子供でも知っている」
と冷笑すると、鳥の巣すかさず、
「三歳の童子もこれを知るが、八十の翁もこれを行うは難し」
と大喝している。

(引用ここまで)

なるほど、3歳の子供でも、悪いことをしてはいけない、善いことをしなければいけない、と知っていますが、人間長くやっているほど、どんどんそうなっていくかというと……。そうなっていけばいいんだろうけど……。そうなるように努力しないとね……。

それにしても、親鸞会館にいくと、同年代の若い人たちが、みんなイキイキ、キビキビしてて、輝いてみえるんだよね。そんな人に僕もなりたいと思う。

Comments are closed.